地下鉄の駅構内で強風が吹くのはなぜか

地下鉄の駅構内で強風が吹くのは以下の理由から。

1つは「温度差」。
駅構内では空調を使ってます。
それで駅構内は冬は暖かい空気、夏は冷たい空気になってます。
トンネル内の空気との温度差で風が発生します。

1つは「ピストン効果」。
列車はトンネル内でピストンのような働きをして、空気を押してます。
列車の後方は気圧が低くなります。
気圧が高い方から低い方へ風が発生します。

1つは「気圧差」。
駅構内では大規模な空調が動いています。
そうして、地上の空気と地下の空気を入れ換えています。
空気入れ替えに伴って気圧差が生じ、風が発生します。

Why Your Metro Commute Is So Insanely Windy

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください