土星の輪から大量の雨が降り注いでた

2017年9月15日に土星に突入して廃棄された探査機カッシーニのデータから、土星の輪から雨が降り注いでいるとわかったそうです。

Saturn’s ‘ring rain’ is a surprising cocktail of chemicals

雨の成分は有機物、水、一酸化炭素、二酸化炭素、メタン。
推定では秒間数千~数万キロもの膨大な量が降り注いでいたそうです。

それらのは殆どがナノサイズの微粒子。
輪を構成するチリよりもずっと小さいので、
輪のチリをナノサイズに破壊する力が作用しているようです。

輪が生まれてからずっと、
これだけ大量の雨が降り続いていたのなら、
土星の輪は消滅しているはずなので、
このような雨は最近降り始めたのか、
土星の重力に逆らって雨が輪に戻る仕組みがあるのか、
あるいは輪の外側から物質が供給されているだろうと、研究者は推測しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください