南極のオゾンホールは塞がりつつある

NASAの調査で南極のオゾンホールは徐々に塞がっていると判明。
フロンガス規制による効果らしいです。
南極のオゾンホールは塞がりつつある

フロンガス規制は1985年のウィーン条約や1987年のモントリオール議定書でフロンの製造及び輸入が禁止されてます。
以降、日本でもフロンの利用を段階的に減らし続け、2020年に全廃となります。
今は年に2~3%のペースで穴が塞がっているようで、2060年には完全に元に戻る見込み。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください