北極熊の毛を真似た防寒素材

中国杭州の浙江大学の研究で、北極熊の毛の構造を模倣した断熱繊維を開発。

A thermal-invisibility cloak spun from silk and ice
北極熊の毛を真似た防寒素材
画像左が北極熊の毛の断面。
右が断熱繊維の断面。

北極熊の毛は中空構造になっていて、
多重の空気の層で熱を体に伝えにくく、
体温が外気に漏れにくいそうです。

要するに二重窓と同じ断熱原理。
空気は熱伝導率が低く、また小さな気泡に区切られることで、熱対流も起きません。

絹と氷を混ぜたものを押し出して繊維状にすることで、
氷が溶けがあとに内部に空洞ができ、断熱繊維となります。

この断熱繊維で布を作って兎に被せると、
赤外線センサーには映らなくなったとのこと。

今後は軍事応用も考えられているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください