全個体電池とは

全固体電池とは、文字通りその電池の構成物質が固体のみになっている電池のこと。

既存の電池は電解質溶液を使っているのに対して
固体だけで電池を構成すると以下のメリットが生じます。

  • 固体なので液漏れしない。
  • 数分で充電できる。
  • 大容量化しやすい(固体だと電解質を押し固められる為)。
  • 作動する温度範囲が広い(液体だと低温で凍ってしまう)。
  • 絶縁材が不要(小型だと電極がくっついてショートしやすいので絶縁材が必要)。
  • 固体なのでデザインの自由度が高い。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください