住所入力で揺れやすい地盤を判定

朝日新聞の公式サイトで「揺れやすい地盤」を住所入力で判定できるウェブサービスを公開してます。
住所入力で揺れやすい地盤を判定
番地まで細かい住所入力は不要です。
逆に「見付かりません」という結果になります。
住所は「~丁目」まで入力すればOK。
数字が大きいほど揺れやすい地盤とのこと。

地形の種類、想定される震源、想定される震源域、想定される断層もわかります。
住所入力で揺れやすい地盤を判定 地形
揺れやすい地盤を判定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください