人類よりも高度な知的生命体は穏健な性格

人類よりも高度な知的生命体は穏健な性格の可能性が高いです。
なぜなら、知的生命体は自らを滅ぼす兵器を生む事が可能だから。

人類は既に、核兵器という人類自身の文明を滅ぼせる兵器を生んでいます。
もしも、人類よりも高度な知的生命体がいるなら、核兵器以上の恐ろしい兵器も生むはずですが、そういう知的生命体がもしも好戦的なら自身の文明を滅ぼす世界大戦を起こしてしまいます
なので、文明消滅レベルの戦争を起こすような性格では、人類を超える高度な科学力を持つ前に滅びるはずです。

その意味で、人類は70億もいるのに絶滅の危機にあるとも言えます。

SFでは、「人類を上回る高度に知的な文明を持つ宇宙人」が侵略者として地球を襲撃する物語がありますが、
恒星間航行できる程の科学力があって、尚も自らを滅ぼさずに高度な文明を維持し続けるのは考えにくいです。
そういう宇宙人は、他の惑星を侵略するような性格ではない可能性が高いと思います。

ただし、元の惑星を滅ぼすレベルの戦争が起きて、
幸運な事に生き残った者がいて、かつ恒星間航行できる科学力は失われず、
その惑星には住めなくなった為に、地球に来て乗っ取ろうとしているという可能性は残ります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください