人工衛星の部品をプラズマで蒸発させる

ドイツ航空宇宙センターが人工衛星の最も硬い部品をプラズマで蒸発させる動画。
人工衛星の部品をプラズマで蒸発させる
部品は磁気トルカという部分で、地磁気を利用して姿勢制御をするのに必要とのこと。
人工衛星が地球に落下し、大気との断熱圧縮で1万度の高温となって溶ける様子を再現するのが狙い。
実際には蒸発するまでは入ってません。
溶けて蒸発する途中までです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください