ポリエチレンバッグで人口出産した羊

アメリカのフィラデルフィア小児病院で、ポリエチレンバッグで人口出産した羊がいるそうです。
ポリエチレンバッグで人口出産した羊
そのニュース解説動画。

この羊は早産で、人間の早産だと従来は集中治療室で保育されてました。
ポリエチレンバッグの「人工子宮」に入れる事で、羊を正常発育させたそうです。
靱帯にチューブを繋いで、胎児自身の心臓がポンプとなって血液を循環させる仕組みなので、機械式のポンプに比べて心臓を傷つけないとのこと。
人工羊水に包まれているので、集中治療室で保育するのに比べ、感染症に罹るリスクが低いようです。
今後は人の早産児への応用をめざし、研究を続けるとのこと。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください