タンポポは乱気流を利用して飛ぶ

タンポポがどうやって空を飛ぶのかを研究したところ、
綿毛の上部に乱気流が発生して浮かせていると判明。
Revealed: the extraordinary flight of the dandelion
タンポポの綿毛の上部は冠毛と呼ばれ、放射状に開くようになってます。
タンポポが飛ぶときに冠毛の上部に乱気流が発生し、
この渦は低気圧になっているのでタンポポに揚力が発生するとのこと。
タンポポは乱気流を利用して飛ぶ
冠毛の揚力は毛の間隔が重要で、その内側の剛毛の長さも重要とのこと。
また茎の太さや全体の質量も関係しているそうです。

毛の隙間が最適な間隔だと、通り抜ける空気はタンポポの冠毛サイズだと粘性を帯びるようです。
そうして隙間をスムースに通り抜けないので気流が乱れてしまい、冠毛の上部が低気圧になるとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください