タスマニアデビルを助けてペンギンが絶滅

短縮URL(ショートリンク)
科学

オーストラリアのタスマニアデビルを顔の癌から守る為に、
2012年に近郊のマリア島という無人島に移住させたところ、
その島のペンギンが絶滅したとのこと。

元は3000組のつがいのペンギンがいたそうです。
今では1羽もいなくなったとのこと。
こうなることは、タスマニア州の環境省が予測していたようです。
だったらなぜ止めなかったんですかね……。

生物保護の学術誌「Biological Conservation」に掲載された論文では、
タスマニアデビルがミズナギドリを絶滅させたことも報告していたそうです。

タスマニアデビルを移住させ、島内のペンギン全滅 豪自然保護団体が指摘

なんかすっごいアホくさい話ですね……。

タイトルとURLをコピーしました