エコバッグは54年使わないといけない

短縮URL(ショートリンク)
科学

デンマーク環境・食糧省の研究によると、
エコバッグを作るのに必要な環境負荷の元を取るには、
約2万回使わないといけないと判明。
これは、毎日使い続けて54年分という計算になります。
エコバッグを作るのに必要な素材コストから言うと、
エコバッグは全然エコじゃないわけです。

エコバッグを作るのには綿花が必要です。
綿花の成長には大量の水が必要です。
綿花の為に生活用水が枯渇したケースもあるそうです。
栽培時に殺虫剤が使われるのも環境負荷となります。
エコバッグを捨てるのには、コンポスト容器(生ゴミを堆肥にする容器)で腐敗させる方法は不可。
エコバッグは腐りにくい素材でできているからです。
エコバッグのリサイクルには新品を作るのと同じくらいの炭酸ガスが発生します。
ブランド物のエコバッグはポリエステルのロゴが付いています。
ロゴの部分を切り取るのに10%くらいの布が失われます。

「エコ」バッグのつもりが… 知っておきたいコットン・トートの「裏の顔」

タイトルとURLをコピーしました