ウインクで倍率が変わるコンタクトレンズ

スイス連邦工科大学が「ウインクで倍率が変わるコンタクトレンズ」を発明したそうです。

Telescopic contact lenses could magnify human eyesight

これはアルミニウムでできたミニ拡大鏡とのこと。
元はドローン用のカメラの開発を目的として研究が始まったらしいです。

等倍と3倍の切り替えが可能。

倍率変更は片目をウインクする事を検出し、電子的に変更するそうです。
偏光フィルターを使って光の経路を変える事で切り替えているとのこと。

加齢で起きる「病気加齢黄斑変性症」に有効とのこと。
この病気は視野の中心部分の網膜に黄斑が現れ、その像が歪むそうです。
また周辺も暗く見えるとのこと。

今流行し始めているVRゴーグルって将来的にはサングラスくらいにダウンサイジングが為されると想像してますが、
もしかしたらVRコンタクトレンズが普及するかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください