インクを使わない高精細印刷技術を開発

京都大高等研究院の研究グループが、インクを使わずに高精細印刷する技術を開発。
その方法はコガネ虫や孔雀から学んだそうで、発色構造を人工的に作る方法。
コガネ虫や孔雀の羽根は、ミクロな多層構造が光を反射する事で色が変わります。
印刷にはプラスティック板を使い、酢酸でミクロな割れ目を生じさせるそうです。
そうして、ミクロな多層構造を作っているとのこと。

この画像は1ミリ平方メートルの大きさに描いた葛飾北斎の富嶽三十六景の富士山の絵。
葛飾北斎の富士を1mm平方に描いた構造色印刷

ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください