毒になる親は非犯罪的サイコパス

いわゆる毒になる親(毒親)も、非犯罪的サイコパスに該当すると思います。

一般に、毒親は子どもに対して支配的(操作的)です。
人を支配したがる(操作したがる)のはサイコパスの特徴の一つです。

毒親は子どもを恐怖や罪悪感で操作しようとします。
また暴言を吐いたりして子どもを人格攻撃します。
そうすることで自信を無くした子どもは、支配的な態度を受け入れやすくなります。
毒親のことを疑問に思わなくなるのです。

ある種の毒親は同情を誘って子どもを操作します。
子どもに「かわいそう」と思わせるわけです。
かわいそうな人が多少理不尽なことを言ったりやったりしても、普通は許してしまいます。
同情系の毒親はそれを狙っているわけです。

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

コメントは受け付けていません。