警官が死体検案書の為と騙して82万円を詐取

埼玉県の草加署の警官が、父が急死した遺族から死体検案書に必要と82万円を詐取していたそうです。
詐取した金はスマートフォンのゲームに使ったとのこと。
親族が急死して心が弱っている隙を突いたって事だろうけど、よくそんな事できるよねえ……。

急死遺族から警官82万詐取「ゲームに使った」

  • 9月27日に亡くなった82歳の男性の長女に82万円を請求。
  • 10月18日に200万円足りないと電話をかけて、長女が警察署に相談して発覚。

これ余罪があるんじゃないですかね?
2回騙し取ろうとしたのでバレたんでしょ。
1回だけだったら発覚しなかった可能性が高い。
この警官もバカではないだろうから、騙しやすい獲物を見分けてるだろうし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください