殺すと問題があるので、交通事故にあって死んでほしい

求人広告会社「ビ・ハイア」の社長が女性社員にパワハラを行い、その女性社員が自殺したとのこと。
社長は「生きているだけで迷惑」「殺すと問題があるので、交通事故にあって死んでほしい」と大声で罵倒してたそうです。

「生きてるだけで迷惑」女性自殺、社長をパワハラで提訴

社長は、3人にブランド品のカバンや靴などを買い与え、その費用を会社から社長への貸付金という形で計上した。その自分への債務について、16年ごろから3人のうち2人を保証人にして返済を求めるようになった。

 さらに社長は、原告の1人が賃金の情報を知人に伝えたことを「守秘義務違反だ」などと主張し、数千万円の損害賠償も求めるようになった。社長はやがて賃金の天引きなどを始め、3人にはほとんど賃金が支払われなくなったという。

3人の生活費が尽き、家賃を払えなくなると、会社事務所に住まわせ、その家賃も請求するようになった。社長は3人に「生きているだけで迷惑」「殺すと問題があるので、交通事故にあって死んでほしい」などと、大声で罵倒するパワハラを繰り返したという。

会社事務所で深夜も働いていることを確認するためにLINEで数分ごとに報告させたり、建物に取り付けたカメラや携帯電話のGPSで行動を監視したりもした。会社事務所での生活は、風呂もなく、寝るときは床にタオルをひく程度だったという。

 今年2月、女性が「私は死んだほうがましですか?」という趣旨の発言をしたところ、社長は激怒。女性の目の前で使っていたパソコンを破壊し、「(死んだら)ゴミが増えるだけだ」などと暴言を繰り返した。その日の午後、女性は自殺したという。

人を支配しようとするサイコパスの典型でしょ。
サイコパスなので暴言も平気で吐ける。
一般にサイコパスって何を言うにしてもするにしても、心理的ハードルが緩いんですよ。
それは良心と呼ばれるセルフチェックする脳機能が無いから(または低レベル機能しかない)。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください