地方アイドルがパワハラで自殺していた

地方アイドルが所属事務所からのパワハラで自殺していたそうです。
確実に犯罪的サイコパスでしょ。

「地方アイドル」の16歳自殺、遺族が所属会社提訴へ

自殺アイドル「月給3万5千円」 長嶋一茂「実はそんなにビックリしない」

  • 自殺してたのは2015年7月にアイドルグループ「愛の葉ガールズ」のメンバーとなった大本萌景さん。
  • 愛媛県を中心に農作物の物販イベントやライブに出演。
  • 早朝から深夜までの過密スケジュールだった。
  • 1日平均12時間、1ヶ月20日働いていた。
  • 平均報酬は月35000円だった。
  • 学業よりも仕事を優先させていた。
  • 辞めたい旨をLINEで伝えると「次また寝ぼけた事言いだしたらマジでぶん殴る」と返信。
  • 契約更新を拒否すると違約金として1億円払えと言われた。
  • 通信制高校から全日制高校への転学費用を貸し付ける約束を反故にした。

過密スケジュールってのは人気アイドルならわかりますが、地方アイドルでってのはどうなんですかね。
しかも月35000円って……。
学業よりも仕事を優先ってのも芸能界ではザラで、この子だけでなく確実に教育の義務を謳っている憲法に反してます。
ぶん殴ると脅すのはれっきとした脅迫。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください