ホワイトハットバイアスとは何か

ホワイトハットバイアスとは、行きすぎた正義感による偏見のこと。
例えば、東京電力は福島原発で事故を起こしたので、
東京電力の労働者を放射能汚染で穢れた人と差別するのは正当な罰である、と考えることがホワイトハットバイアス。

酪農家は動物を殺しているので、その家畜を盗んだり厩舎を襲撃して破壊するのは正義、などと考えるヴィーガンもホワイトハットバイアス。

地方に仕事に来た人の車に、新型コロナを拡大しようとしていると主張して石をぶつけるのもホワイトハットバイアス。

堕胎はキリスト教の教義に反するので、堕胎手術している医師は殺して良いと考えるのもホワイトハットバイアス。

障害者は社会の役に立たないので、殺して良いとして本当に殺した植松聖もホワイトハットバイアス。

概して言って、良心が欠けているからホワイトハットバイアスに陥る訳です。
良心を擬人化すると「ツッコミを入れるもう1人の自分のこと」で、
自分で自分にツッコミを入れられるのなら、この手のバイアスには陥りにくいからです。

コメントは受け付けていません。