ジャーナリストを自作潜水艦に乗せて殺した発明家

これも説明不要でしょうね。

ジャーナリストを自作潜水艦に乗せて、そのまま誘拐。
縛り付けて殴ったり局部付近を何十回も刺したりして殺害。
その死体から首を切り離して、海岸へ捨てたとのこと。

映画やドラマに登場するような、犯罪的サイコパス。

デンマーク人発明家が記者殺害の疑いで逮捕された事件 拷問も明らかに

デンマークで自作潜水艇の取材をしていたスウェーデン人女性ジャーナリストのキム・ウォール(Kim Wall)さん(当時30)が昨年、コペンハーゲン近海で切断遺体となって発見された事件で、潜水艇を製造したデンマーク人発明家のピーター・マッセン(Peter Madsen)被告(47)が殺害前にウォールさんを縛り上げ、拷問していたことが分かった。

(中略)

起訴状によると、マッセン被告はウォールさんの頭部および腕と脚を縛って殴打し、「刺したり切り付けたり」した。ウォールさんの局部周辺には14か所の刺し傷があったという。

 さらにその後、同被告はウォールさんを殺害し、遺体から胴体、頭部および脚を切断。複数の袋に入れ、金属の重しを付けてコペンハーゲン沖のケーエ湾(Koge Bay)に遺棄した。

家宅捜索でHDDから多数の女性の斬殺動画も発見されています。

ピーター・マドセンは30年ほど前に日本人女性が死体で発見された事件との関与も疑われているそうです。
ピル治験女性バラバラ殺人事件
1986年の事件なのでピーター・マドセンは16歳くらい。

ピーター・マドセンはデンマークでは著名な発明家で、TEDにも出演していたほどでした。
今では公式YouTubeチャンネルからは削除されています。
Copenhagen suborbitals, Peter Madsen talks at TEDx Kyiv 2013

TEDに出演しているほどなので、被害者は単身で一緒に潜水艦に乗り込むほどに信用してしまったんでしょうね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください