サイコパスは嘘を付くのに躊躇がない

京大とハーバード大学やニューメキシコ大学の研究でサイコパスほど嘘を付くのが早いと判明。

サイコパスは「うそをつく」意志決定が速い 京大などがMRIで実証

研究では67人の囚人のコイントスゲーム中の脳活動をfMRIで測定。
コインの裏表を予想し、予想が合ってたら金銭を獲得できるというルール。
きちんと裏表を記録する場合の報告と、記録しない場合の報告とを比較。
記録しない場合、嘘を付いた方が得します。

実験結果、サイコパス傾向が強いほど嘘を付くのに躊躇がなかったそうです。
嘘を付く際に逡巡するのが前部帯状回という部分らしいけど、
前部帯状回は他にも役割があるようで、確定的な事は言えないようです。

面白いのはサイコパス傾向と嘘を付く頻度は相関してなかったこと。
サイコパス傾向をどうやって測定したのかは不明だけど、
測定方法が間違ってるんじゃないの?ってのが素人の素朴な感覚ですね……。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください