サイコパスはサイコパスに惹かれる

さすがに名指しは控えますが、今話題の某ゲス歌手と元気の押し売りの人との不倫は両者ともサイコパスでしょうね。
一般にサイコパスはサイコパスと相性が良く、お互いに惹かれ合うものです。

例えばボニーとクライドが典型的。

一般にサイコパスは共感性が乏しいとされていますが
サイコパス同士なら実は共感しあうんでしょうね。

「良い子」の方は恋愛経験が乏しいという評判ですが、
実は肉食系って噂でそれが表に出てないだけのようだし。

高知能系のサイコパスは「自分がどう降る舞えば善人に見られるか」を承知しています。
それで、表面的に善人ぶるのは得意。
なので、周辺の「良い子」なんて評価は何の担保にも宛てにもなりません。

「良い子」はそもそも不倫を承知で付き合わないし、
結婚していることを承知で相手の実家の両親に挨拶になんか行きませんよ。

離婚(離婚届)を「卒論」と表現してたのは、
自分たちがやっていることの意味を矮小化するのが狙いでしょうね。

他人にLINEのメッセージを見られてもバレないようにという配慮だとしても、
今回こうやってあっさりバレているので、意味の無い言い換えだし、
事態の重さにふさわしい言い換えだってあるのだから、
敢えて卒論という軽い言い回しにしてるのだと思います。


サイコパスはサイコパスに惹かれるという研究結果が出たそうです。

Do psychopathic birds of a feather flock together? Psychopathic personality traits and romantic preferences

研究は696人の被験者に自分の好みの恋愛対象を想像してもらうというもの。
具体的には70項目の性格特徴から理想の恋愛相手に相応しい項目を選ぶという方法。
全体的にはサイコパスの特徴を好む被験者はいませんでした。
ところが、当人がサイコパスの特徴を有する被験者の場合は、
サイコパスの特徴を有する性格を好むと判明したそうです。

やはりサイコパスはサイコパスを好むんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください