欧州人は人の脂は傷の治りを早くすると信じていた

16~17世紀のヨーロッパでは人間の脂が傷の治りを早める特効薬と信じられていたそうです。
一種の「聖遺物」扱いだったようです。
ヨーロッパは土葬が一般的だったので、墓地の人間の死体から脂を取るブラックマーケットの取引が盛んだったとのこと。
また、死刑囚の死刑が執行されると、死体から脂を剥ぎ取る事もあったそうです。
この信仰はフランスではフランス革命まで続き、革命で処刑された多くの人から脂が剥ぎ取られ、薬屋や肉屋で売られていたとのこと。

The Lucrative Black Market in Human Fat

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください