ガーディナー&オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティークのベートーヴェン第九CD

 
クラシックCD評
この記事のショートリンク

オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク率いるガーディナーの1992年ロンドン・オール・セインツ教会での第九録音。

古楽器オーケストラだけど、19世紀の過渡的な楽器を使っているそうです。(元は、ベルリオーズの幻想交響曲を演奏するためのオーケストラとして結成されたから)

滑らかで快速。スピーディな第九。
通常70分くらいの全曲が59分で終わるほど。
楽器編成が小規模で楽器の違いが聞き取りやすい。特に木管楽器。
重厚さはありません。

音楽学者ジョナサン・デル・マールが研究中だった成果を取り入れているそうで。
古楽器演奏の第九を初めて聴くならガーディナーが良いかもしれません。


ベートーヴェン:交響曲第9番

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村