10万個のペットボトルで浮島を作ったエコ発明家

Richart Sowaというエコ発明家が10万個のペットボトルで小さな浮島を作ったそうです。
メキシコのイスラ・ムヘーレス島の内側の湖にあるようです。
イスラ・ムヘーレスのグーグルマップ

そのインタビュー動画ですが、実は以前にも同じような浮島を作ったものの台風で2005年に破壊されたとのこと。
今回は再建した方の家だそうです。
Richartさんは観光客にこの住居を公開しているとのこと。
10万個のペットボトルで浮島を作ったエコ発明家
浮島は砂浜もあり、太陽光発電で電力の供給もあるそうです。
島には植物も植わっていて、それなりに強度があるようです。
多少跳ねても大丈夫っぽい。
根っこで支えてるんですかね。

コメントは受け付けていません。