静止画が動いているように見える技術をNTTが開発

静止画が動いているように見える「変幻灯」という技術をNTTが開発しました。
静止画が動いているように見える技術をNTTが開発
元の静止画のモノクロ版を作り、そのモノクロ映像に動きをつけて、元の静止画にプロジェクターで投影しているだけ。

バッハの肖像画が笑った顔に見えたりします。

説明によると、人の脳内で、モノクロの動きと下地の静止画とを合成して、このような錯覚が生じるらしいです。

コメントは受け付けていません。