自転車用のエアバッグの実験映像

スウェーデン大学の女子大生2人が自転車用ヘルメットの代わりとなるエアバッグを開発。
その実験動画。
自転車用のエアバッグの実験映像
このエアバッグは「Hövding」というスウェーデン語で首巻きを意味する名前だそうです。
普段は首に巻いておいて、スマホにも搭載されている加速度センサーで衝撃を感知すると、
0.1秒でエアバッグが膨らんで頭部を守るとのこと。
普通のヘルメットよりも3倍以上の衝撃を吸収できるそうです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください