郵便局の定期預金は満期後20年で紙くずとなる

郵便局の定額・定期・積み立て郵便貯金は20年2ヶ月経過すると払い戻すができなくなります。
つまりそれらのお金は郵便局の物となります。

郵便局にお預けいただいた定額・定期・積立郵便貯金等は満期後20年2か月経つと、払戻しが受けられなくなります。

平成19年9月30日以前に郵便局にお預けいただいた定額・定期・積立郵便貯金等は、全て満期を過ぎており、満期後20年2か月経つと、払戻しが受けられなくなります。
 また、郵便貯金払戻証書は、発行日から3年6か月経過すると払戻しが受けられなくなります。
 お手持ちの証書・通帳をご確認の上、お早めに払戻しのお手続をお願いします。

 満期後に郵便貯金についてお手続(※)され、その事実が確認された場合は、払戻しが受けられることもありますので、満期後20年2か月の期間の経過にかかわらず郵便局の貯金窓口またはゆうちょ銀行の店舗までお申し出ください。
(※)郵便貯金証書または通帳の再交付に係る請求、印章変更の届出、氏名変更または住所移転の届出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください