海外宿泊サイトで予約詐欺が増加

海外の宿泊予約サイトで全く契約もしてないのに勝手に予約情報が載せられてしまい、
そこを通して予約した客が実際にやって来て泊まれなかったとクレームを付けるケースが増加しているそうです。
宿泊プランもデタラメなんだとか。

予約者は本当に予約できたと勘違い。
前払い制で金は支払い済み。
しかもキャンセル料は100%という契約に同意しないと予約できないそうです。

サイト側は予約が申請されてから自分達が実際に予約を行って予約者に提供。
つまり「空販売」をやってます。

期日までに間に合えばバレませんが、間に合わなかったら宿泊できなくなる訳です。
サイト側はホテルから連絡が来なかったといい訳すればOK。
ホテル側が不誠実だったと印象づけられます。

予約できた場合でも別の安価な宿泊プランで予約し、差額がサイトの儲けになるという仕組みらしい。

予約者がホテルから連絡が来ないのでキャンセルするとしても、キャンセル料は100%なのでサイト側が丸儲け。
しかも当のホテルには1円も入りません。
本当は何のアプローチもしてないんだから……。

にも関わらず、あそこのホテルは泊まれなかったとクレームだけはホテルに届く訳です。

【スクープ】”存在しない部屋”を販売する海外大手宿泊サイトのカラクリ 年末年始に「部屋なし」問題大量発生も懸念

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください