日本では春に稼ぎすぎると損をする

 
ライフハック

日本では、春に稼ぎすぎると損をする可能性があります。
その理由は日本の雇用保険や厚生年金などの社会保険料が、
前年の収入に基づいて計算されるからです。

社会保険料は「標準報酬月額」に基づいて計算されます。
標準報酬月額は毎年の4月から6月までの3ヶ月間の給与を基に決定されます。

健康保険の場合は第1等級(5万円)から第50等級(139万円)までの50段階、
厚生年金保険の場合は第1等級(8万8千円)から第32等級(65万円)の32段階に区分されています。

なので4~6月に稼ぎすぎると、その年度の標準報酬月額が高くなり
結果として社会保険料も高くなってしまうわけです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

この記事のショートリンク