太陽光発電の固定価格買い取り義務は2019年からなくなる

大手の電力会社が太陽光発電の電力買い取りは2019年から中止するらしい。
改めて申し込むと買い取り継続して貰えるけど買い取り価格は大幅に下がるとのこと。

太陽光発電優遇53万世帯終了へ 来年、買い取り価格大幅低下

住宅用の太陽光発電を導入した家庭のうち、二〇一九年中に大手電力会社に電気を最も有利な固定価格で買い取ってもらえなくなる家庭が全体の22%に当たる五十三万世帯に上ることが二十七日、経済産業省資源エネルギー庁の調べで分かった。制度開始時に申し込んだ世帯が十年間の買い取り期限を迎えるためだ。改めて申し込めば大手電力は買い取りを続けるが、価格を大幅に下げる見通し。収入はピーク時の四分の一に落ち込むとの試算もあり、太陽光普及にブレーキがかかる可能性がある。

日本政府は2009年11月以降、太陽光発電普及の為に48円/KWで買い取るよう義務づけてました。
以降、段階的に価格を引き下げて今では24円/KW。
この買い取り義務が2019年になくなります。

10年程度の買い取りで太陽光発電設置費用を回収できたんですかね?

太陽光発電の設置費用は200~300万円。
発電量は1KWあたり年間1000KWh。
一般家庭(家族4人)の年間電力消費量は5000~5500KWh。
太陽光発電の発電量は1台で4~5KWh。

48円/KWで10年買い取り続けたとして、発電量が5000KWhはあったとして、発電量を全て売電して年間24万円。
10年分で240万円。
この大きく見積もった計算でも1台の設置費用とトントンくらいですね。

一般家庭の年間電気代はおよそ14~15万円。
10年分で140~150万円が浮く計算。
と言う事は、自宅で消費せずに売電した方が得だったんですね。

太陽光発電の寿命は20年とされてるので、20年分でおよそ300万円分の電気代が浮きます。
でも設置費用も同じくらいなのでトントン。

意味あるんですかね?
クリーンなエネルギーってだけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください