地域に密着した小さな不動産屋さんは違う

地元密着型の不動産屋の方が借り主、貸し主に親身になるという話。
確かに私が引っ越し先を選んだ際も、小規模な地域密着型の不動産で選びました。
意識してたわけじゃないんですが、大手は対応が適当だったので。
まあそれ以外にも条件が合ったからというのは、当然ありますが。

377: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 00:26:27.78 ID:FDq5aZvX
賃貸も売買も、大事なのはみんな不動産屋さん

検索サイトで物件探すと、取り扱ってるのは
大体、都市の大手不動産屋だが、
こいつらは歩合で仕事をしてるため、売上が命になってくるから、絶対に悪いことは話さないし、客の相談に乗って物事を進めている振りしかしない。

そして漸く契約した物件は恐らく管理会社がいると思う。
契約時に一度だけ顔合わせして、以降、何もなければ次は解約時にしか合わない。

そして問題が起きたとき、物件を多く扱ってるため一人一人の対応がお座なりだし、借り主に困ったことが起きてもそこまで親身に対応をしない。
何故なら借りるときにどんな条件で探していたかなんて、こいつらは知らないから。そして大半が若い人材が据え置かれているため、経験がないまま対応をするから、良い方向に行くわけがない。

378: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 00:33:54.49 ID:FDq5aZvX
その点、地域に密着した小さな不動産屋さんは違う。
窓口営業と管理会社を兼ねているところが多いため、何か問題が発生した際にはすぐに相談ができるし、
地域の信用で成り立っている商売のため、
なるべく借り主の力になろうと動いてくれる傾向がある。

また、長年その地域で営業をしている店は、タクシードライバー並みに地域の情報に詳しいため、
どの物件が良くてダメなのか、正確に把握していて教えてくれたりする。

極めつけ、彼らは経験が豊富で、様々な問題を乗り越えてきているため、大概のことはすぐにクリアにしてくれる。

確かにネットで物件を探すのが一番楽だが、家を探すときは、その地域で古くから商いをしている町の不動産屋さんに赴き、物件を紹介してもらったほうが、
のちのちを考えると外れにくい選択が出来ると思います

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください