タイに電子タバコを持ち込むと罰金か懲役となる

タイでは電子タバコは違法で、所持だけで罰金数万バーツとのこと。
主に日本からの旅行者が狙い打ちで摘発されているようです。

タイでは、電子タバコ・加熱式タバコは持ってるだけでも吸っても逮捕・罰金が課せられるので旅行者は気をつけてほしい

タイでは電子タバコ禁止条例が2014年12月27日より施策されています。
最高で10年の懲役、または数十万バーツの罰金とのこと。
これに伴って輸出入も禁止。

本来は「水タバコ」規制が狙いだったそうです。
その意図は国民の健康を守る為。

そもそも電子タバコの仕組みはリキッドを揮発させて水蒸気を発生させるもの。
水タバコと同じ仕組みです。
なので同様の理由で電子タバコも規制されたのでしょう。

それとIQOSはアメリカの企業フィリップモリスの製品ですが、
そのアメリカでは販売許可が下りていません。
理由は健康への安全性が確認されていないから。

ただし、紙巻きタバコは規制の埒外だそうで……。
タイ国内業者のロビー活動なんですかね。

一応、タイ政府も紙巻きタバコの有害性はわかってるようです。
何しろタイではパッケージに有害性を明示する写真を使わないと販売できないので。
タイのタバコのパッケージ
タイのたばこのパッケージが衝撃的過ぎた・・・より。

電子タバコ用のVapeは麻薬吸引用に使われているという説もあるようです。
タイは麻薬のゴールデントライアングルとも呼ばれる地域に含まれています。
ゆえに麻薬規制は厳しく、知らずに麻薬の運び屋をやらされただけで懲役となった旅行者もいます。
なので紙巻きタバコはセーフなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください