クレジットカードに署名しないと保障は受けられない

短縮URL(ショートリンク)
クレジットカードライフハック

クレジットカードの裏面の署名が書かれてない場合、
もしもカードが盗まれて悪用された時に、保障を受けられない可能性があります。

悪用の際に盗んだ人が勝手に署名して使う事になりますが、
後日不正利用だと発覚した際に、その偽の署名が本物の署名と見なされます。
その署名が偽物だと証明する手段はありません。

不正利用を不正利用だと判断する手がかりが署名です。

裏面に署名があれば、自分のクレジットカードが不正利用されたと証明できます。
もし巧妙にそっくりに書かれた署名なら、それは偽造となり明確に犯罪となります。

署名が無いとそういう罪に問うこともできなくなります。

以上のような主旨の事が、クレジットカードの利用規約に書いてあるはずです。

署名が無い=利用規約を守ってないという意味になるので、
クレジットカード会社が不正利用の補填をする義務も無くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました