アルコールとカフェインを同時に摂ってはいけない

アルコールとカフェインを同時に摂るとアルコールを過剰摂取してしまいます。

カフェインには酔い覚ましの効能もあります。
二日酔いが起きたらコーヒーを飲むのは、それが理由。

酔い覚ましの効果はアルコールを摂取中にも発揮されます。

それで自分では酔ってないとか、それ程飲んでないと錯覚してしまいます。
実際にはアルコールの摂取で判断力が鈍ってます。
それで錯覚だと自覚できないまま、いつもよりも過剰に飲んでしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください