解死人とは何か

解死人(げしにん)とは、中世日本で行われていた殺人の刑罰の1つ。
加害者が所属するグループから加害者の身代わりを選び、被害者グループに人質として差し出す制度。

人質では終わらずに身代わりに処刑される事もあったようです。
とは言え、身代わりが名のある人の場合、被害者側が釈放する事が通例だったとか。
「偉い人が出てきた」って事で名誉心を満足させたようです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください