タバコの販売には距離制限がある

タバコの販売には「距離制限」があります。
その制限とは、売り場同士を25メートル~300メートルの範囲内に複数店舗を設置できないというもの。
この制限は「たばこ事業法施行規則第20条」で定められています。
昔は薬局にも同じ制限があったそうです。

タバコの販売は許可制で、財務大臣の認可を貰う必要があります。
財務大臣は最寄りのタバコ屋が指定した以下の範囲内に既に存在する場合、認可を拒否できます。
タバコの販売には距離制限がある
これが大手コンビニでタバコを売ってる店舗と売ってない店舗がある理由です。
そのコンビニの近郊に、コンビニよりも先に販売許可を貰ったタバコ屋があるんです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください