アメリカで日本の中古車が人気なのはなぜか

アメリカでは日本の中古車が人気で、それには「25年ルール」があります。
25年ルールとは、どんな車も製造から25年経過以降は「クラシックカー」という区分になるルールのこと。
日本の右ハンドル車はアメリカに輸入禁止されています。
クラシックカー扱いになると、アメリカの安全基準に合格せずとも輸入可能となります。
なので、古い日本車をクラシックカーという区分で輸入しているわけです。
しかも中古なので安く、アメリカの税制だと古い車は車税も安く、日本車は燃費も良いので人気となっているようです。
特に日本の「軽自動車」はアメリカの安全基準外ですが、クラシックカーなら規制の埒外になるわけです。
またグランツーリスモの影響で「R32型スカイライン」や「初代NSX」がスポーツカー扱いになっているそうです。

7. Importing a vehicle that is at least 25 years old.
A motor vehicle that is at least 25 years old can be lawfully imported into the U.S. without regard to whether it complies with all applicable FMVSS. Such a vehicle would be entered under Box 1 on the HS-7 Declaration form to be given to Customs at the time of importation. If you wish to see that form, you may download a copy from our website at www.nhtsa.dot.gov/cars/rules/import. You should note that the 25 year period runs from the date of the vehicle’s manufacture. If the date of manufacture is not identified on a label permanently affixed to the vehicle by its original manufacturer, to establish the age of the vehicle, you should have documentation available such as an invoice showing the date the vehicle was first sold or a registration document showing that the vehicle was registered at least 25 years ago. Absent such information, a statement from a recognized vehicle historical society identifying the age of the vehicle could be used.
米国運輸省道路交通安全局 Importation and Certification FAQ’sより。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください