行方不明のサウジのジャーナリストは生きたまま切断されていた

サウジアラビアのジャーナリストのジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ領事館に入った後で行方不明となっていたそうです。
カショギ氏はアップルウォッチを装着しており
その周囲の音声を拾って外部に送信する状態になっていたようです。
カショギ氏が送信していたログが発見され、音声を再生すると
どうやらカショギ氏は領事館内で体を生きたまま切断されたようだとの見解をトルコ政府筋がメディアに伝えたとのこと。
生きたまま体切断、サウジ記者不明でショッキング情報
音声によると、カショギ氏は領事館の書斎に引きずり込まれたのちに
薬のようなものを注射されて急に何も話さなくなったようです。
そしてチェーンソーのような音が聞こえて人体を切断するような音が入っていたと。

サウジ政府は「手違い」で殺したと声明を出しているので、領事館内で死んだ事自体は認めてます。
今回は殺害方法が明らかになった模様で、サウジ政府の説明とは全く食い違っています。

CNNでは、アップルウォッチの音声外部送信はBluetoothを使う機能で
Bluetoothはそんなに遠くまで電波が飛ばない事から
トルコ政府が仕掛けていた盗聴器の音声じゃないかと見ているようです。

実際、音声だけで「書斎に引きずり込まれた」と場所までわかるんですかね?
書斎に仕掛けた盗聴器の音声だったと考えれば腑に落ちます。
それとも音声で「書斎」と言ってたんですかね?

NYTが入手したと主張する音声には、領事が「外でやれ」と命じている声が含まれていたそうです。

Audio Offers Gruesome Details of Jamal Khashoggi Killing, Turkish Official Says

実行犯は「アラビアに戻っても生きていたいのなら黙ってろ」と返答していたそうです。
と言う事は、領事よりも上位の地位の者が殺害を命じてますね。
まあカショギ氏はサウジ政府批判をしてたようなので、国家ぐるみでしょうね。

サウジ皇太子警護が監視カメラに写っていた

監視カメラの映像で、サウジのムハンマド皇太子の警護が領事館の敷地内にいたと判明。
これによりムハンマド皇太子の関与が疑われているとのこと。

ジャーナリスト殺害疑惑 現場にサウジ皇太子警護役の姿か

カショギ氏が総領事に入る前の9時55分に警護が複数入館。
カショギ氏入館の3時間後の16時53分に総領事から退館。
17時58分にはイスタンブール国際空港に到着していたそうです。

サウジは将軍が独走したという事にして収拾を図る模様

アシリ将軍がムハンマド皇太子の命令を独断で殺害指令と解釈したという事にするらしい。

「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

皇太子は「カショギ氏を捕まえてサウジに連れて来い」と命じただけと。
それをアシリ将軍が勝手に殺したんだと。
だとするとアシリ将軍は命令に背いた事で処刑されるんじゃないですかね。
サウジの王族の権力や絶対性がどの程度なのかはわからないけど……。
アシリ将軍がどういう扱いになるかで真偽は見えてくるでしょうね。
私は嘘くさいと思いますが。

サウジ政府が関与を認めた

サウジの国営放送が政府の関与を認める報道を行ったそうです。
政府が関与≒ムハンマド皇太子は無関係っていうシナリオなんですかね。

「ジャーナリストは総領事館で死亡」サウジ政府の関与認める

容疑者18人を拘束し、情報機関に所属するアシリ将軍を含む5人は更迭済み。
この報道での更迭が具体的に何を意味するのかは不明ですが
生きたまま人をチェーンソーで切断しておいて「更迭」程度で済むんですね。

サウジのFakeBotがムハンマド皇太子を擁護し始めた

ボットと見られるツイートが急増しているらしいです。

記者失踪事件 サウジ擁護の「ボット」がSNS上で活動か

見分け方はRT率が異常に高い事。
1つのアカウントの総ツイートに対してRTの占める割合を見ると96.3%に達しているアカウントすらあるらしいです。
また長いこと使われていなかったのに、急に擁護ツイートをし始めたのもBotと言えるようです。
それらのBotを使って「いいね」や「RT」を水増ししてるんですね。

サウジ政府はTwitterのサウジ人社員を使って情報操作していた

NYT曰く「サウジ政府はTwitterのサウジ社員を使って情報操作していた」そうです。

Saudis’ Image Makers: A Troll Army and a Twitter Insider

また「トロール」(工作用アカウント)を使ってサウジに批判的な人を攻撃しているようです。
これはカナダのサウジ人に5000ドル払ってボットを作らせたとのこと。

カショギ氏の遺体は薬品で溶かされた

カショギ氏の遺体はどうやら薬品で溶かされたらしい。
根拠は領事館の庭から生体反応が出た事。
にも関わらず遺体が見つかってない事。

遺体を薬品で溶解処理か?サウジ記者殺害、さらに陰惨に

トルコ当局は当初は森に埋められたと見ていたようです。
遺体が溶かされ下水に流された可能性も検討したらしい。
しかし、見つからなかったんで総領事の庭を調べたところ生体反応があったと。
まるで映画ですね……。
まあ映画だってリサーチの上で作ってるんだろうけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください