旭日旗は何が問題か

韓国が旭日旗を「戦犯旗」とレッテル張りして公の場で掲揚しないようクレームをつけたり、
商品に旭日模様が入っていると戦犯旗だとクレームを付けてその商品を売れなくしてりしていますが、
戦犯旗という呼称はともかくとして、旭日旗が問題になっているのは日本側に原因があります。

そもそも旭日旗はただの「祝旗」だったのに、大日本帝国軍がそのまま軍旗として採用してしまったのが問題の根っこ。
しかも、今でも自衛隊が軍旗として掲揚しているのが、話をこじらせている原因。
他国では独自の軍旗を作っていて、一般的な祝旗をそのまま軍旗として使う事はないんですよね。
旭日旗は祝旗でもあるけど軍旗でもあるので、スポーツ会場で掲揚するのは場違いになってます。
掲揚してる側は祝旗のつもりなんだろうけど……。
なので、自衛隊が旭日旗を掲揚するのは止めさせた方がいいんじゃないでしょうか。

もう1つの原因は、韓国人を含めて外国人が旭日模様を日本の独自の文化だと勘違いしている事。
旭日模様は世界的に使われていた模様であって、別に日本の独自の模様じゃない。
なのに、日本と関係ない海外で使われている旭日模様すら「戦犯旗」だとイチャモンつけてる。
世界的に古くから使われていた模様なので、日本は関係ないと突っぱねればいいんですよ。
でも、クレームを受けている側もそんな事実は知らず、クレームをそのまま受け入れてしまってます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください