人の皮を剥いで作った写真集が見つかった

ポーランドで、ナチスが人の皮を剥いで作った写真集が発見されたそうです。
人の皮を剥いで作った写真集が見つかった
発見者はこの写真集をポーランドの骨董品市場から見つけたとのこと。

写真集の装丁には刺青や毛が付いていて、悪臭がしたそうです。
そこでアウシュビッツ記念館に持ち込んで調べて貰ったところ、人皮で作られていると判明。
専門家は、この人皮はブッヘンヴァルト強制収容所の犠牲者の者と見ているようです。
その理由は、ブッヘンヴァルト強制収容所にはイルゼ・コッホという所長の妻がいて、
人皮で色んな物を工作していた事で有名だからです。
イルゼ・コッホは書籍やランプシェードやテーブルカバーなどを人皮で作っていたとのこと。
また囚人の内臓をコレクションしてたそうです。

Nazi photo album made from HUMAN SKIN of a death camp victim is discovered after collector noticed book cover had ‘a tattoo, human hair and bad smell’

コメントは受け付けていません。