世界最古のボードゲームとは

世界最古のボードゲームとは、アゼルバイジャンで発見された岩窟住居跡の岩に描かれていた「58 Holes」というゲーム。
今で言う「バックギャモン」と似ているそうです。
Hound and Jackalとも呼ばれています。
世界最古のボードゲームとは
この岩窟住居跡の岩の絵の年代測定から、今から4000年前のボードゲームと判明。
「58 Holes」は中東全域に突如として出現しているそうです。

58個の穴が岩に掘られており、中央に2列、その周囲を取り囲む穴が5の倍数刻みで同じマークが掘られています。
その内の1つだけは、他の穴よりも大きな穴。
駒を動かしてゴール(大きな穴)を目指すゲームだったと推測されています。
バックギャモンに似てるならサイコロを使ってたはず。
駒を動かすのもサイコロの目に従っていたと考えるのが自然です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください