チャーチルは原爆投下に同意していた

日本への原爆投下をチャーチルが同意していた秘密文書が見つかったそうです。

原爆投下でチャーチル英首相が7月1日に最終同意署名 1945年の秘密文書

同意は「ケベック協定」で必要だったから。
その内容は米国が核開発に成功してもイギリスの同意がないと使用できないとするもの。

初めは、まあ消極的容認かと思ったら違います。
更にチャーチルは「ハイドパーク協定」を根拠に日本への警告なしに使用すべきとトルーマンに迫ったそうです。
ハイドパーク協定とは、日本に原爆を使用する条件を取り決めた協定のこと。
ただし、協定に警告なしの使用については明記されている訳ではないようです。

今までアメリカの独断で落としたのかと思ったら違うんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください