ウクライナはロシア侵攻と敗北を予想していた

 
短縮URL(ショートリンク)
政治歴史

ウクライナの大統領顧問ALEKSEY ARESTOVYCH氏は3年前に今日のロシア侵攻をインタビューで答えていたそうです。
だから意外に善戦してるんでしょうね。
ロシアが開戦直後アントノフ国際空港を占領しようとして返り討ちにあったのは、アメリカの傭兵が待ち構えていたからと言われています。
だとすると、アメリカも開戦を予想して事前に傭兵を派遣していたのかもしれません。

ウクライナはロシア侵攻を予想していた

ウクライナには中立を維持するのに十分な資源がない。
ロシアに飲み込まれないためには、強力な軍事ブロック(NATO)に加盟する必要がある。
加盟しないと12年以内にロシアに併合される。
ロシアは力の理論しか理解していない。
西側はもはやロシアを同盟国とは見なしていない。
プーチンの主な目標はNATOを破壊し、新しい形の帝国を作ること。
NATO加盟を目指すと2021年か2022年にロシアは軍事侵攻する。
ロシアは最終的には敗北する。

タイトルとURLをコピーしました