イエスの処刑を命じたピラトの指輪が発掘

イスラエルの研究者が2000年前にイエス・キリストの処刑を命じたローマ帝国の総督、ポンテオ・ピラトの指輪を発掘したらしい。


ピラトの指輪が見つかったのは50年も前。
銅の合金製で刻印がギリシア語でピラトと読めるそうです。

発掘は宮殿遺跡「ヘロディウム」。
当時、大量の遺物が見つかり、今回の研究でこの指輪が鑑定されたようです。

ただし指輪は簡素な作りで当時としてはオーソドックスな意匠で、個人的な押印に使われただけと見られています。
なので、本当にピラトの指輪かハッキリしないようです。
とは言え、同時代にピラトという名前の人物は珍しく、他にピラトという名前の人は見付かってません。
ピラトが私的に使ってた指輪と考えれば辻褄は合います。

イエスの処刑命じた総督名? 2000年前の指輪に「ピラト」の刻印

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください