アメリカ大使館への音響攻撃は超音波干渉だった

2016年12月から2017年8月のキューバで、アメリカ大使館が謎の音響攻撃を受けていたという問題は超音波の多重干渉が原因だったようです。

Finally, a Likely Explanation for the “Sonic Weapon” Used at the U.S. Embassy in Cuba – IEEE Spectrum

ミシガン大学のコンピュータ科学者のKevin Fuは、
音響攻撃とされる波形を見て、音波の干渉を疑ったそうです。
そこで中国の浙江大学のWenyuan Xuと協力して
同じような波形ができる干渉波を探したとのこと。

これは相互変調歪(Inter Moulation Distortion, IMD)と呼ばれる現象で、
周波数の異なる複数の信号の和や差となる新しい周波数の信号が生まれること。
歪み(電子機器)

その結果として、25KHzと32KHzの音波の干渉で問題の7KHzの干渉波が生成されたと。
この7KHzの干渉波はアメリカ大使館で収録されたのと同じ周波数。
Kevin Fu自身がその実験動画を公開しています。
Covertly Exfiltrating a Song with an Ultrasonic Carrier

だとしても、元になった超音波源は何なのかという疑問は残ります。
実験動画を見ても、上手いこと干渉波が生成されるように音源を配置してるように見えます。
ということは、やはりアメリカ大使館の近辺で干渉波が生まれるような位置に音源を意図的に設置してたはずです。

音響攻撃の正体は殺虫剤説

カナダのダルハウジー大学の新たな研究で、蚊を殺す殺虫剤が音響攻撃の正体だったという説が出てきました。

Mosquito fumigation may have caused mystery ‘Havana syndrome’, study says

2016年にジカ熱が流行し、キューバは殺虫剤を2週間おきに撒き続けていたそうです。
ジカ熱は蚊が媒介する感染症で、治療法はなく、安静にして自然治癒を待つしかない熱病。
症状を訴えた人からピレスロイドやリン酸エステルなど殺虫成分が検出されています。
症状を訴える人の数と、殺虫剤を撒いた回数とが相関している事も判明。

現に殺虫成分が検出されているのだから、超音波説よりも信憑性は高いですね。

“アメリカ大使館への音響攻撃は超音波干渉だった” への2件のフィードバック

  1. より:

    日常的にコレされてる場合はどうしたら良いですか?
    恐らく、パラボリックスピーカーによる構造体共鳴による空間干渉(ハウリング)
    いつも決まった部屋だけで耳鳴りというか「非可聴域の低周波、車の低いエンジン音」が聞こえる感じです
    しかも空間座標点で明らかに振幅が違います
    あと、電磁波を指摘されていらっしゃる方がいらっしゃいますが、恐らく主要な方法は違います(ほぼ断定、もしかしたら複合的な方法かもしれませんが
    要は遮蔽物の固有振動よりも低ければ家の梁、床などの構造体を直接揺らせるのですから、それにより二つのひずみ音を空間座標に「写し出す」ことが出来るのだと考えます
    そしてそのハウリングによる作用を利用するので、空間座標と耳元、或いは干渉体と耳元の間にきわめて高い固有振動物(例えばアルミホイルやビニール袋)を噛ませれば三つの位相による、音の位相差=ひずみの特定と生み出しは難しくなるのだと考えます
    最初お隣りの床下換気かな?とか思ったけど外出ると聴こえなくなるので、違うのかもしれません(基礎部分を通した振動もありえますが)
    因みに家の中にはそこまで干渉を起こすような振動体、或いは家周りの風洞音はありません
    たぶん誰も見てないと思いますがSOSを出しておきます
    糖質認定は要りません、最低限の検証能力位はあります
    コレが始まると隣の赤ちゃんが喚きだします。正直ですね

  2. admin より:

    技術的な話はわかりませんが、引っ越した方がいいんじゃないですかね?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください