医学健康

医学健康

汗疱状湿疹とは

手や足に1ミリ~2ミリ程度の小湿疹がたくさん出るのが汗疱状湿疹です。 汗疱状湿疹が合体して大きな湿疹になることもあります。 原因ははっきりしていませんが、 原因菌は存在しないため、感染の心配はありません。 多汗症の人に多いようです。 ...
医学健康

なぜあなたは蚊に刺されやすいのか

蚊に刺されやすい人と刺されにくい人との違いは何か。 刺されやすい人は以下の特徴を持っている人です。 ・新陳代謝が活発だと体温が高いので狙われます。子どもは大人よりも新陳代謝が活発なので、大人よりも刺されます ・太っている人は表面積が広いの...
医学健康

簡単に基礎代謝を上げて痩せる方法

数キロ程度のダイエットに有効な方法だと思います。 以下の方法で基礎代謝を上げることで脂肪を燃焼させます。 ・首の後ろを入浴時に40度のお湯と20度の冷水で交互に刺激します これを30秒ずつ、5回繰り返すことで、褐色脂肪細胞が刺激され、基...
医学健康

ゴキブリ喘息

ゴキブリ喘息とは、ゴキブリの「フン」がアレルゲンとなって起きる喘息のことです。 ゴキブリのフンや死骸の破片がハウスダストと一緒になり、人が吸い込むことで咳やくしゃみ、鼻水などの症状が出ます。 従来は原因不明で心因性とされていたそうです。...
医学健康

コンタクトレンズを長時間着用すると失明する

コンタクトレンズを長時間着用し続けると、失明します。 ・角膜血管新生という目の病気になります コンタクトレンズを長時間着用することで角膜が酸欠になります。 すると酸素を角膜に供給しようと、血管が角膜に伸びてしまいます。 これが角膜血管新...
医学健康

喘息にはブロッコリーが有効

オーストラリアのメルボルン大学の研究者によると、 蒸したブロッコリーをカップ1~2杯、毎日食べることで、 喘息の症状改善になるそうです。 これはブロッコリーなどの「アブラナ科」の野菜に 「スルフォラファン」という抗酸化物質が含まれていて、...
医学健康

砂糖が体に及ぼす5つの悪影響

・満腹と感じにくくなる 砂糖を食べ過ぎると空腹ホルモンが狂います。 そして脳が満腹信号を出さなくなります。 ・老化を促進する 砂糖の糖分がフリーラジカルを大量発生させます。 フリーラジカルは細胞にダメージを負わせます。 ・脂肪肝になる ...
医学健康

ハッカ油の便利な使い方

ハッカ油には様々な用途があります。 ・制汗スプレーとして使う ハッカ油を数滴ほど水と混ぜて100円ショップなどで売ってるスプレーボトルに入れます。そのスプレーを汗を出したくない部分に吹きかけます。ハッカ油には消臭殺菌効果もあるので、汗の嫌...
医学健康

傷跡用塗り薬アットノンの効能が便利すぎる

アットノンは本来は傷跡や火傷の跡に塗って、 皮膚の新陳代謝を促す塗り薬ですが、 傷跡改善以外にも様々な効能があるようです。 ・乾燥性皮膚 ・角化症 ・手荒れ ・筋肉痛 ・関節痛 ・ニキビ跡 ・虫さされ跡 アットノンは新陳代謝を促進する薬...
医学健康

なぜカイロが夏に売れるのか

夏にカイロが売れるそうです。 これは多くの企業では冷房が使われ、 冷え性の人が寒さ対策として買っているからです。 冷え性は女性に多いのですが、 最近では冷房による冷えで、 男性も冷え性が増えているとのこと。 男性の場合は、まさか自分が冷え...
医学健康

正しい耳かきのやり方

耳かきは膝枕の状態でやると、耳垢が耳奥に落ちて行くだけなのでで、やっては行けないようです。 あくまでも座った姿勢で耳かきするのが、正しいようです。 耳かきの範囲は、綿棒などを1cm程度入れる範囲でOK。 なぜなら、耳垢の原因となる「耳垢...
医学健康

20歳若く見えるために私が実践している100の習慣

画像の著者は56歳だけど、30後半~40前半くらいには見える。 著者が言うには、 ・スポーツしない ・食べない ・飲まない(酒) ・洗わない ・温めない ・夜ふかししない と、若返るらしい。 気になったのを列挙すると、 スポーツしないけど...
タイトルとURLをコピーしました