iPS細胞で作った角膜で視力回復

大阪大学眼科の西田幸二教授のグループがiPS細胞から作った人工角膜を失明した女性に移植。
手術後、女性は視力が回復したそうです。
この女性は角膜が傷ついて視力を失う「角膜上皮幹細胞疲弊症」になっていたとのこと。

角膜上皮幹細胞疲弊症とは、角膜の輪郭部分に存在する細胞が傷ついて、角膜を濁らせてしまう症状。
濁った角膜のせいで視界がぼやけます。

従来は、死体から角膜提供を受けて移植していたそうです。
しかし、提供される角膜が不足していたのと、拒絶反応の問題もあり、移植可能な人は少数だったとのこと。
iPS細胞から作った人工角膜は拒絶反応がありません。
なぜなら、iPS細胞は自分の細胞に由来するからです。

失明状態の女性が視力回復! 大阪大がiPS細胞角膜移植

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/ophthal/www/research/cornea.html

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください