BCGワクチンは新型コロナウイルスにも有効なのか

オランダの研究チームがBCGワクチンが新型コロナウイルスに有効かどうかをテストするそうです。
なぜBCGが有効なのかと言うと、結核菌以外の病原体も30%予防できるからとのこと。
これは数十年のデンマーク人研究者のピーター・アービーとクリスティン・スタベル・ベンの研究に基づいています。
ただし、この研究は無作為化比較試験が行われていないので、信頼性は低いとのこと。
だからこそ、今回テストするんでしょうね。
BCGは接種後に皮膚で数ヶ月間も生存し、その期間中ずっと免疫システムを刺激し続けるそうです。
これが免疫システムの強化になっているかもしれないと研究者は考えています。

日本でBCG接種が義務化されたのは、1960年代。
諸外国でも似たような時期でしょう。
もしもこのBCG研究が正しいなら、
新型コロナウイルスで老人が死にやすいのは、
BCG接種をしてないからかもしれません。
日本で新型コロナウイルス感染拡大が抑制されているのも、
BCG接種の普及で説明がつくかもしれません。
日本のインフルエンザの致死率は0.001%(ただし高齢者は0.03%)ですが、
アメリカでは0.1%もあります。
アメリカではBCGは義務化されていません。
この違いもBCGワクチンによる免疫強化で説明つくかもしれません。

Can a century-old TB vaccine steel the immune system against the new coronavirus?

コメントは受け付けていません。