APD聴覚情報処理障害とは何か

短縮URL(ショートリンク)
健康

APD聴覚情報処理障害とは、言葉の音は聞き取れているのに、言葉の意味をくみ取れない聴覚障害のこと。
以下の項目にあてはまるものがあるのなら、APDの可能性が高いです。

□「え?」または「何?」という言葉を1日に少なくとも5回あるいはそれ以上言う
□しばしば言われたことを間違って理解している
□音の識別に関して困難を感じたことがある
□背景の音がするとすぐに気が散る
□聴覚チャンネルを通しての学習がうまくいかない

聞こえる言葉が理解できない人が直面する危険

フィッシャーの聴覚情報処理チェックリストと呼ばれる診断方法もあります。
このリストの18項目以上に当てはまるならAPDの可能性が高いそうです。

APD聴覚情報処理障害とは何か

フィッシャーの聴覚情報処理チェックリスト

APDの原因はよくわかっていません。
生まれつき音声処理が苦手なようです。

タイトルとURLをコピーしました